妻の為に作った手提げカバンをご紹介!ショルダーバッグにも出来るよ!

スポンサーリンク
レザークラフト

こんにちは。

おうちクラフターのかずたか(@outicrafter)です。

 

構想から完成まで約1ヵ月を要した

「ばね口金カバン」

が完成いたしました!

作ってみた時の感想や次に活かしたいことを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

コンセプトは?

手提げ付きのショルダーポシェットを作ろう! ~作る前に決めたこと~
ショルダーバッグの作成依頼が来ました。妻からです。大体どんな感じがいいかを決められたので一旦メモの代わりに書き記します。出来上がった時に、これらをどれだけ今の技術で完成させられているか、こうご期待!

こちらの記事にも載せていますが、今回の作品は「ちょっとしたお買い物に使える小さめのカバン」です。

防犯意識のしっかりしている妻なので、カバンの口が常に開き続けているのはよろしくないとの事。

なのでカバンの口は基本的に閉じておき、使う時だけ開く、みたいな使い方が出来るようにします。

金具は色々ありますが、今回採用したのはこちらの「ばね口金」。

閉じるときは結構強い力で閉じてくれますし、ある程度の力を加えないと口が開かない仕様になっています。

防犯対策と使い勝手を両立した、今回のコンセプトにぴったりの口金です。

また、内側にポケットを付ける、という要望もあったので、これらを満たした条件で作成しました。

作ってみて

早速ですが、完成した作品がこちらになります。

革は赤のクロム鞣し革。

糸は明るいグレーの麻糸。

カバンとして袋状にする方法としてはTwitterでカバン制作をやっていらっしゃるnaoko_amoさんのこちらのツイートを参考にさせてもらいました。

こちらの通り今回は裏側から両端と下部分を縫ってから裏返す方法をとりました。

結果としては、皮革製品の様に厚くて布よりコシのあるものはこの作業には向かないかなー、という感じでした。

もちろんもっとやり方があるかもしれないのですが、初めてのカバン作りではその方法は思いつかなかったです。

良い発見だったのはばね口金は分解することで作業効率がめちゃくちゃ上がるという事。

小さいサイズのばね口金は私の使ったものとは形状が違う為、分解そのものが出来ないかもしれません。

今回私の使ったばね口金は両端をそれぞれナットで繋げている為、完全にバラバラにすることが出来ました。

分解する、という考えに至る前はどうあがいても縫い付けづらさしかない、という印象でした。

頭の中で、「あーでもない、こーでもない」と考えていると、完全に手が止まっちゃうんですよね・・・。

キチンと元に戻すことが出来るのであれば、分解するのは非常におすすめです。

次に活かしたいこと

いくつかあるので項目ごとに書いていきます。

袋にする方法

今回はギン面同士を貼り合わせて裏返すという方法にしました。

下のイラストからイメージしてもらえればと思います。

(袋縫いイメージ図)

内側に出っ張りができてしまうのが嫌だなー、と。

本来は出っ張りができない様に重ねた部分を開いて閉じるのが正解なんでしょうけど、革だと漉くなどして折り曲げやすくしないと難しいと思います。

私の場合はゴムのりで接着してしまっていたので、後の祭りでした笑

後から考えましたが、下のイラストのようにやれば色々問題は解決できたんじゃないかと思っています。

(袋縫いイメージ図2)

でっぱりは出ないし、袋として縫い付ける時も非常に楽になると思います。

持ち手

お店にあったりする製品の持ち手ってシワって一切ないじゃないですか。

何も考えずにやってもシワにはならないと思ってたんですけど、見事にシワになりました。

色々なサイトや動画を見てみてもシワの無いものばかりなので、何故起きたのか、どうすれば防げるのか、が今の所闇の中です。

考えられる事は

  • 心材を入れるスペースに余裕を持ち過ぎた
  • クロム鞣し革の宿命
  • 持ち手部分の革を直線で設計した為

この辺りでしょうか。

実験や色々調べてみて、シワにならない方法を見つけ出して報告したいと思います。

裏地

何よりミシンが欲しくなりました笑

縫うスピードも段違いで違うと思いますが、何より強度の部分が心配になっています。

マチ針(使ったの小学生以来)を使って抑えながらやったので、どちらにしろミシンは使えないかもしれませんが、それでもミシンのが絶対に楽だろうな、という感じです。

あと今回は革の床面に直接貼り付けるようにしたのですが、側面の出っ張り部分のコバ面が露出してしまいました。

ここも別で当て布することで事なきを得ましたが、少し不格好になってしまいました。

裏地は裏地で袋状にして、あとで接着とした方が見栄えは良かったかもしれませんね。

底材・底鋲

そもそも底材を使う事を想定していませんでした。

ある程度形になり、裏地も貼り付けて側面を縫い合わせたところで

「底鋲ってつけられる?」との追加オーダーが入りました。

調べてみると『カバンが直接地面に触れない様にする為の部品』が底鋲です。

こんな感じのものです。

フット スタッズ ブラス レザークラフト ハンドクラフト 革細工:ミリタリー&輸入雑貨 レプマート”]

ただし、底鋲を付けるにはカバンの底部分に底材を入れてあげる必要があります。

イメージで書くとこんな感じです。

(底鋲有り無しイメージ図)

今回は既に縫い合わせが終わってしまった後の為、底鋲はお見送りさせてもらいました。

底鋲にも色々な種類があるみたいなので、機会があったら色々試してみたいですね。

最後に

一番長期にわたって作成をした「ばね口金カバン」の製作記でした。

サイズ的にも工程的にも大作になりましたね。

カバンシリーズは正直裏地の部分さえなければ、まだまだたくさん作ってみたいです笑

トートバッグとかクラッチバッグとかサコッシュとか。

私がぶち当たった壁の解決策や記事の中の気になることとかがありましたら、是非コメント下さい。

よろしくお願いします。

ブログランキングに参加しています。

↓記事が気に入ったら是非クリックしてください↓

コメント

  1. […] 妻の為に作った手提げカバンをご紹介!ショルダーバッグにも出来るよ! … […]