#レザーフェス にも出品した「カードケース」を紹介!パーツ数は驚きの3つ!

スポンサーリンク
作品紹介

こんにちは。

おうちクラフターのかずたか(@outicrafter)です。

 

最近作成しました「カードケース」について書いていきたいと思います。
また今私が参加している企画についてもご紹介していきます。

スポンサーリンク

何故作ろうと?

 

以前使っていたおサイフをスマートにさせようという事で、マネークリップを使うようになりました。

キャッシュカードやクレジットカードはマネークリップ内に収納できるものの、ポイントカードなどがしまえなくなってしまったんですね。
その為、ポイントカードとかをしまうものが必要になった、というわけです。

しかし、今回こちらの作品は、初めて家族以外の人の手に渡るかもしれない作品となりました。
Twitterにて「#レザーフェス」というイベントが行われます。
5/3 18:00~Twitterをやっている全国のクリエイターが、自分で作った作品をそれぞれ自分のアカウントでプレゼントする、企画です。
この度私もこちらの企画に参加させていただき、作品のプレゼントをしよう!と思い立ったわけです。

「カードケース」のコンセプトは?

縦型のデザインで私のようにポイントカードをしまうためにももちろん、カードゲームの為のケースとしても使えるように

というコンセプトでつくりました。
元々はポイントカードをしまうためのカードケースでしたが、作ってみたいイメージをどんどん膨らませていったら、
「これデュエリスト(決闘者)にも使えそうだな・・・」
という事に気づいてしまった訳です。
その為、裏面にDカンを付けてキーホルダーをつけられるようにも設計してみました
もちろん、ポイントカードをしまう時でも、Dカンを指に引っ掛けるなどすればキーホルダーを付けなくても利用価値はあると思います。

何故この革を選んだの?

今回ほぼ全面に使用したのは「ブライドルレザー」というものです。

タンニン鞣し革のギン面にロウを染み込ませることによって、独特の光沢感を生み出してくれます。

詳しくはこちらのサイトに載っているので参考にしてみてください。

今回こちらの革を「革のAnd leather」さんのTwitterプレゼント企画で当選したことで手に入れました。

定期的にプレゼント企画を行っていますし、何よりレザークラフトに関する有益なツイートをたくさんしてくれるので、見ているだけでもすごく楽しいので是非フォローしてみてください。(何様)

さて、そんなブライドルレザーですが、ギン面をロウ加工してあるので光沢を出すのがヌメ革に比べて簡単です。
加えて強度も増してあるので、作るにしても使うにしても革製品初心者の方にオススメ出来る逸品になると思います。

光沢感を出しやすい
強度が高い
ある程度の防水効果がある
初心者にオススメ
ギン面にロウ加工をしてあるので革独特の手触りが無い
ギン面に傷が付くとロウを剥がしてしまうので修復が難しい(というかほぼ不可能)

 

レザーフェスの詳細は?

革のAnd Leatherさん(@and_leather)さんが企画したイベントになります。
いち企業さんなのですが、革素材のプレゼントイベントをやってくれたり、店内の商品の紹介をしてくれたりしています。

そんなAnd Leatherさんがもっとレザークラフトを盛り上げよう!という事で開催してくれたイベントです。
手芸関連の趣味では結構マイナーな部類に入るレザークラフトですが、趣味でやっている人は意外と多く、私のTwitterアカウントのフォロワーはほとんどレザークラフトに関する方達のアカウントばかりです。
その人たちのほとんどは今回の「#レザーフェス」に参加しています。

皆さんの作品レベルは非常に高く、私の作品は全然見劣りしてしまいますが、それでも心を込めて一生懸命作らせてもらいます。
Twitterをやっている方はぜひ#レザーフェスで検索してみてください。
執筆時点では既に開催後ですが、既に作品を完成させて作品を公開している方達がいらっしゃいます。

最後に

新たな作品「カードケース」のご紹介でした。

今回こちらの商品は5/8 20:00までプレゼント希望の募集を掛けております。

まだまだ間に合うので是非参加してください!

ブログランキングに参加しています。

↓記事が気に入ったら是非クリックしてください↓

コメント

  1. […] […]