JW-cadの線が書けないエラーを解決!

スポンサーリンク
型紙

こんにちは。

L&Tcraft おうちクラフターのかずたか(@ouchicrafter)です。

 

前回の投稿でM1macにインストールしたJW-cadにエラーが発生した、と書きました。

【動画】型紙作成に利用しているJW-cadに致命的なエラーが発生
パソコンを買い替えました。 写真の加工や後々動画編集もしてみたい、という希望で探してみると 最新のM1 mac book Airが候補に上がりました。 値段が高いイメージのmacでしたが、他のWinPCよりも安く済...

解決方法を色々と調べてみたのですが、自力で解決出来ました。

解決してみると、「なんだそんな事か」という感じでした。笑

その解決方法を今回は書いていきたいと思います。

 

今回の私の場合は「異様に巨大なキャンパスが設定されていた」ことが原因でした。

前回の動画をよく見返してみると、長さを指定した時に「書けない」のではなく

「すごく小さくて見えていない」のではないか、と思いました。

なので長さを10,000など大きな数値を入力して書いてみると問題なく線が表示されました。

これによって「異様に巨大なキャンパスが設定されていた」ことが確定しました。

 

なので大きなキャンパスを縮尺を解除します。

(1)画面右下の 1/○○ をクリックして縮尺変更の画面を出す。

 

(2)数値を変更する。

200→1へ変更。

環境によって任意の数値に変更してもよいかも。

 

(3)縮尺変更を全てのレイヤーに反映。

私自身は1つ目のレイヤーしか使いませんけどね笑

もしレザクラの型紙作成以外でJW-cad使うことがあったら2つ目以降のレイヤー使うかもですね。

 

(4)用紙サイズを変更

私はA4しか使わないのでA-4に設定しました。

もしA3サイズとか使うならここで設定して、プリンター設定も変えれば問題ないと思います。

 

最後に設定の書き出しを上書きして終了です。

書き出しを忘れると毎回この設定をしないといけないのでお忘れなく!

終わってみればなんてことはない作業でした。

 

動画も残してありますが、こちらはまた別日に公開しようと思います。

ブログランキングに参加しています。

↓記事が気に入ったら是非クリックしてください↓

コメント