1年ぶりの投稿です。そして久々のレザクラ。

スポンサーリンク
レザークラフト

こんにちは。

L&Tcraft おうちクラフターのかずたか(@ouchicrafter)です。

 

ご無沙汰しております。

かずたかです。

この一年でたくさんの変化があり、なかなかブログにもレザクラにも向き合えませんでした。

会社での部署移動、引っ越し、新しい家族の誕生、Nintendo Switchの当選。

最後だけ自分の欲望が剝き出しですが、色々ありました。

今はすこーしだけ落ち着き、引っ越し先の一室を仕事部屋にする事が出来るようになりました。

仕事は在宅ワークなので、レザクラのものだけ置いておくわけにはいかないので、

相変わらず省スペースをやりくりする「おうちクラフター」は健在です。

今後ともゆっくり自分なりのペースで頑張っていきますので、よろしくお願いします。

 

さてさて、ここはレザクラのブログなのでレザクラの事を少し書きましょう。

今現在進行している作品は2点あります。

①妻用のバッグ

②来年のお年玉用のポチ袋

詳細についてはまたおいおい書いていきます。

型紙なんかも披露出来たらな、とも思っています。

 

ポチ袋は色々なサイズ、形状を試しています。

去年は初作成で縦型のポチ袋でしたが、今年は横型を作っていました。

↓去年作成したもの。

お年玉にも個性を!ポチ袋を革で作ってみた。
新年あけましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いいたします。 昨年から始めましたレザークラフトもかれこれ10ヵ月を迎えました。 今まで好き勝手に色々作ってきましたが、今回は作品をプレゼントする事といたしま...

残念(?)ながら今年分の写真や記事は作成しておらず。。。

来年分は今から少しずつ作っています。

 

んで、試行錯誤中の為作ったものもたくさん出てきたため、

作ったもので良くできたものについてはメルカリで販売をしています。

https://www.mercari.com/jp/items/m42947885085/

販売プラットフォームは色々アカウントがあるんですが、minneはほぼ凍結中なので普段からよく利用しているメルカリを使っています。

数が増えてきたらminneに移動するかも?

頑張って数をこなしましょうね、自分。

 

そして道具をいくつか買ってきてみました。

全て近くのホームセンターにて買ってきたので、レザクラ専用品に比べて値段は安め。

どんな風に使っていくつもりかご紹介もかねてどうぞ。

 

G17 ボンド(¥218)

いわずとしれた皮革用のボンド(セメダイン?)ですね。

今まではレザクラショップなどで売ってるゴム糊をつかってましたが、

使いきれずに固まってしまうんですよね。

せっかく大容量でお得なものを買っても使い切れないのなら意味がないのでこちらを購入。

どれくらいで使いきれるのかも記録していきたいですね。

 

木工用ボンド(¥98)

縫い終わりの糸を処理する用です。

今はほとんどビニモを使っているので、ライターで溶かすのもありなんですが、

周辺の蝋が融けて革に染み込んでしまうんですよね。

それを解決、と言うか回避する処理方法として「糊を付けた端を縫い穴にねじ込む」があります。

上のG17などのゴム糊を使ってもいいかもですが、粘性が高すぎるのと、蝋に弾かれてうまく糊が付かない、という事から自分はこの木工用ボンドを使います。

安いし、レザクラ以外にも普段の家庭で使う乗りとしても優秀です。

 

壁紙クロス用ローラー(¥528)

今までレザクラ用のローラーは持っていませんでした。

調べたりするんですけどやっぱり高くて、「コロコロするだけのものに数千円も払うのか・・・」と思ってました。

ホームセンターの接着剤コーナー周辺に置いてあり、値段も安めだったので購入してみました。

初めて作品にローラーをしてみましたが、圧着のしやすさはピカイチでした。

その他に個人的にローラーってありだなと思ったのは、

縫い終わった後にローラーを掛ける事で糸が革表面より浮き出てしまうのを抑えてくれることでした。

これは作品の手触り全体が向上するといった印象です。

 

彫刻刀(¥448)

中漉きように買ってみました。

革包丁で出来ないことは無いんですが、もっと楽にやる方法はないかなーと思って考えたのがこちらです。

本当はノミで半円の形状の刃の物があればそれにしようと思っていましたが、

見たところ半円のノミは無く(お店による?)、平らな刃のノミでも1本1500円以上するのでこれはアカンと。

同じ棚のところに彫刻刀があったので、物は試し、と買ってみました。

今作っているポチ袋で試してみようと思っています。

彫刻刀なんて握るの中学生以来かしら。

 

彫刻刀とローラー、縫い終わりの糸の処理なんかについてはまた詳しく紹介できればと思います。

 

ブログランキングに参加しています。

↓記事が気に入ったら是非クリックしてください↓

コメント