仮止めや圧着にも使える。100均アイテム『クリップ』

スポンサーリンク
レザークラフト

こんにちは。

おうちクラフターのかずたか(@outicrafter)です。

 

100均や東急ハンズに行くのが大好きなので、よく行きます。

特に100均は使い方次第でレザークラフトに活用できる商品がたくさんあります。

以前、レザークラフトで利用している100均アイテムを紹介しました。

管理人も使ってる!100均で買えるレザークラフトの道具
管理人が実際に経験した100円ショップでのアイテム調達成功談、失敗談を語っています。これからレザークラフトを始めるにあたって、最初のコスト(道具調達)を如何に抑えるかが続けられるかのポイント!100均で使えるアイテムを探し出そう!

今回はそんな100均アイテムの中でクリップについて色々書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

クリップはなんの代わりになるの?

私は主にクランプの代わりに利用しています。

注クランプ

様々なクランプがありますが、私は上の画像のクランプの代わりとしています。

革同士を接着剤で貼り合わせる時に活用します。

ゴムのりなどの有機溶剤系の接着剤の場合は、張り合わせるだけでなく「圧着」することで最大の接着力を発揮できます。

ローラーを使って圧着

する方法もありますが、圧着中に他の作業が出来ると効率がいいので私はクランプ(クリップ)を使って圧着しています。

どんなサイズがあるの?

100均でクリップを見てみると恐らく複数種類見つけられると思います。

大サイズ

100均で売っているサイズで一番大きなサイズになります。

大体6個くらい入っています。

挟めるサイズが最大の為、基本的にどんなサイズの物でも挟むことができます。

この後行う加工の事を考えると大きいに越したことはないので、おススメ出来ます。

数が少ないところがネックですね。

中サイズ

大体8個くらい入っています。

加工に使う素材を選ばないと実際に挟める部分が狭くなってしまう為、大サイズの方が加工はしやすいと思います。

小サイズ

クランプとして使うには個人的に一番中途半端なサイズです。

あまり使う事はなさそうな感じがしました。

豆サイズ

私が一番最初に買ったサイズです。

個数が最も多く、外周をぐるっと留める事が出来ます。

但し挟めるサイズが最小の為、後述する加工を施すと『余程薄い作品でないと挟むことが出来ない』状態になってしまいました。

ミニチュアなどを作る際など、作品自体が非常に小さく革自体も薄い状態で仕上げられるのであれば、非常に重宝すると思います。

結局どれを使えばいいの?

オススメは大サイズです。

挟めるサイズも基本的に全て網羅できますし、6個で100円なので簡単に個数も確保できるからです。

「大成小を兼ねる」ということで大サイズを基本的に使い、ミニチュアを作るなどの場合は小・豆サイズで使い分けると良いと思います。

使う際の注意点は?

大きく分けると2つあります。

『挟むサイズ』と『傷の予防』です。

挟むサイズ

私のように豆サイズを購入して、作品がクリップで挟めるサイズじゃない場合、圧着は手で行う事になります。

また、ギリギリ挟めたとしても、戻る力によってクリップが弾け飛んでしまう事があります。

弾け飛んだ衝撃でせっかく圧着した革がずれてしまったらもう戻せません。

ギリギリではなくおとなしく大サイズを使いましょう。

傷の予防

どんなサイズのクリップを使う場合でも気を付けなくてはいけない事です。

クリップの挟む部分は金属です。

もちろん革より金属の方が硬いわけですし、挟む力も強く、長時間挟み続けます。

何も対策しない状態だと、クリップの痕がギン面に残ってしまいます。(特にヌメ革は)

裁断して、トコ面磨いて、コバ処理もしたのに肝心のギン面に傷が・・・、なんて笑えないですよね。

そこで私はこのように加工しています。

こうすることで、ギン面と接触する部分が金属ではなく革となるので、傷が防げる、というわけです。

『点で挟む』から『面で挟む』に変える感じです。

出来る限り薄い革でやる事で挟むサイズに影響を与えずに済みますが、点で挟む力が強くなり、傷(というよりへこみ)がつきます。

厚い革でやる事で面で挟む力は強くなりますが、加工が難しくなります。

おすすめはだいたい1.3mm~1.5mmくらいでやると加工もしやすく、面で挟む力も確保できると思います

他にもいろんなクリップがあるんだけどそれは使える?

小さすぎないサイズなのであれば、基本的にどんなクリップもクランプ代わりにすることは可能です。

ただし、共通して言えることは挟んだ時の傷の対処法を打つことです。

私がやったように革(柔らかい物)で挟むという処置を施せばいいと思います。

最後に

レザークラフト100均アイテム紹介シリーズ(名前長っ)でした。

現在も現役第一線で活躍しているこのクリップですが、加工したものの数を揃えようと思うと意外と大変でした。

端切れも用意しないといけませんし、ひとつひとつ手作りですからね。

探せば加工済み品が手に入りそうな感じもしますが、私はまだ見つけていません。

もし売ってるとこがあったら教えてもらいたいです笑

情報ください!

ブログランキングに参加しています。

↓記事が気に入ったら是非クリックしてください↓

コメント