2つ折り財布第2弾!完成品のお披露目と型紙プレゼント!

スポンサーリンク
レザークラフト

こんにちは。

L&Tcraft おうちクラフターのかずたか(@ouchicrafter)です。

 

前回計画していた2つ折り財布の第2弾ですが、「これだ!」と思えるデザインに行き着くまで時間がかかってしまったり、新しいiPhoneを購入したりと実際に取り掛かるまで2ヵ月近くかかってしまいました。

そしてこのブログも前回更新から2ヵ月経過してしまいました・・・。

コンセプトの確認も含めて前回の記事はこちら⇓

2つ折り財布第2弾!マネークリップじゃない財布を作ってみよう!
かずたかの頭の中にある「金具を使わないお財布」を書いていきたいと思います。まだまだ実験段階ですので妄想をただただ広げている状態です。本当にこの構想を実現できるのか?今後の更新にご注目ください!!

これからもたくさん作品を作り、ブログを更新していく意味も込めて、今回の作品の型紙データを無料で配布したいと思います。

配布データは当記事の後半で!!

そんなこんなで完成した2つ折り財布をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

作品を紹介

項目ごとに見ていきましょう。

外観

コンセプトにある通り、出来る限り小さくまとめました。

表面はクロム鞣し革で仕上げています。

経年変化を楽しむのであればヌメ革で染色するのが良いんですけど、クロム鞣しの手触りも個人的には結構好きなんですよね。

発色もきれいですし。

内装

内装はヌメ革で作りました。

カード収納部分とお札を挟む部分、内装の土台部分です。

カードは全部で5枚ほど収納が出来ました。

こちらに2枚。

お札の後ろ部分に2枚。

お札を挟む部分にも1枚。

計5枚になります。

閉じる機構

色々な方法を考えましたが一番楽、かつ強めに折りたためる方法を採用しました。

それは【折りたたむ部分を水で濡らして折りたたみ、乾かす】いう方法です。

革製品の「立体成形」からヒントを得ました。

かずたか
かずたか

※立体成型
・・・水で濡らした革を木枠にはめる等して革にクセをつける事

基本的にどんな革で作成しても良いと思いますが、この方法の場合は内装の土台部分はヌメ革に限定されます。

型紙から作成する場合は注意してください。

コバ

保水して帆布で磨き、トコフィニッシュを塗ってスリッカーで磨きました。

磨く前にヤスリで均したんですが、クロム鞣し革とヌメ革を合わせたので汚れてしまいました。

ヤスリで均す時間を減らすか、染色してごまかすのが解決策かなーと思っています。

貼り合わせた瞬間にビタッとコバとコバが合えば、均す必要もないんですけどね・・・

こちらは色々と実験していきたいと思います。

総評

個人的には前回のマネークリップに比べて重量感が減り、サイズ感も一回り小さくなったので非常に気に入っています。

改善すべきポイントはあるものの、細かい部分なので日常使いには申し分なしです。

また、作るという立場においても金具を使わない分、作業も基本的な「切る・貼る・縫う」だけでした。

一部貼り付けるタイミングを考えないといけない部分はありましたが、作業が困難になることはありませんでした。

初心者の方にもおすすめ出来る作品だと思います。

最後に

今回作成した2つ折り財布、いかがだったでしょうか?

個人的には非常に気に入った作品になりました。

作る工程も難しくなく、カーブの裁断や漉き、接着、コバ磨きなど基本的な技術を網羅しているので、レザークラフト初心者の方に強くオススメできます。

革以外のパーツも使わないですしね。

それではお待ちかね、型紙のデータはこちらになります!⇓

ご自身の好きな革で作ってみると楽しめると思います。

作れたら感想を聞かせてもらえると嬉しいです。

ブログランキングに参加しています。

↓記事が気に入ったら是非クリックしてください↓

コメント

  1. […] […]